青山学院横浜英和中学高等学校

〒232-8580 神奈川県横浜市南区蒔田町124 TEL:045-731-2861 045-731-2862

学校紹介

施設紹介

防犯・防災について

防犯対策

防犯対策

登下校時には、学校近辺の通学路において警備員が巡回しています。また、開校時間内の正門には警備員が常駐し、学院訪問者の確認をおこなっています。

備蓄用品

備蓄用品

全生徒の飲料水、非常用食品(成人3日分)、寝袋を用意しています。また、懐中電灯、ランタン、タオルなども備蓄し、非常用トイレは第二校舎に10箇所設置しています。

災害時トイレ

自習室下ピットを利用し、全10箇所の全校生徒分の災害用トイレを設置しています。

災害時の水の確保

災害時の雑用水として雨水を利用することができます。

ガラスの安全性

ガラスは割れにくい強化ガラスで、万一割れた時は車のガラスのように割れ、飛散しにくい仕様になっています。
第2校舎は現行の耐震基準を上回る耐震性を確保しています。

災害による授業措置について

「暴風警報」+「大雨警報」、または「大雪警報」が発令された場合

①午前6時の時点で、神奈川県東部に警報が出ている場合は臨時休校(自宅学習)となります。なお、電話での緊急連絡は行いません。
②神奈川県東部以外に警報が発令された場合でも、家庭が必要と判断した場合は、安全が確認されるまで自宅待機としてください。その場合、必ず学校に連絡をしてください(欠席、遅刻扱いにはなりません)。
③登校後に警報が発令された場合は、校長の判断により対応します。その場合の措置はプリントで通知します。
④長期休暇中の登校および休日の登校の場合も、上記の授業措置に準じて対応します。

災害時の下校、連絡について

①原則保護者の引取りとなります。引き取りができるまでは、学院内でお預かりします。
②学院からの連絡は、可能な限りフェアキャストによる緊急連絡および、ホームページによるお知らせをおこないます。
③登下校中での災害時は、交通機関に乗車中はその指示に従うこと。自宅と学校のどちらに行くことが安全かを自分で判断すること。登下校路内の防災センターの場所を確認しておくことを生徒に指導しています。
※生徒手帳に「大地震対応マニュアル」が記載されています。

FairCast(緊急時連絡網)について

本校では緊急時の連絡方法として『子供安全連絡網―FairCast』を導入しております。
FairCastについては下記資料とFairCastのホームページ内にあるマニュアルをご覧ください。

https://ks.faircast.jp
PAGETOP