青山学院横浜英和中学高等学校

〒232-8580 神奈川県横浜市南区蒔田町124 TEL:045-731-2861 045-731-2862

英和ウィークリー

英和ウィークリー

2013.03.08号


進路相談会実施 ― キャリアセンター ―

進路指導部では2月14日~28日までの期間、お昼休みと放課後に、キャリアセンターにて進路相談会を実施しました。
進路指導部の各先生(学年・教科担当)に積極的に質問・相談する生徒や、上級生(高校生)から進路について、受験勉強の方法や体験談などのアドバイスを受ける生徒も訪れました。
今後も選択科目の決定時期などに進路相談会を行う予定です。気軽に、キャリアセンターに質問・相談に来てください。 (進路指導部長 大橋)


<生徒の感想>
・大学入試や高校に入ってからの勉強の仕方など、進路について先輩からお話を聞かせていただきました。先輩も先生も優しく分かりやすく教えてくださったので、とても励みになりました。    (中3 A.I)

・大学受験を意識している後輩がいることにとても感動しました。私も中学生の時に進路志望先を決めていたので、自分の経験が後輩のためにいかせることを嬉 しく思いました。後輩達の夢が実現できるように祈っています。私も大学に進学し、夢を実現するために学びを続けていきます。   (高3 H.K)

 

 


学期末試験

3月5日(中学は6日)~8日の日程で学期末試験を行いました。
この試験を終えると、次年度に向けての準備が始まります。

 


神奈川県私立中学校ソフトテニス大会 祝 優勝!

2月17日、横浜富士見丘学園で開催された全127組参加(中1~中3混合)の神奈川県私立中学校ソフトテニス大会の個人戦において、3年生の大坪未来・ 長谷川桜児組が優勝、石原浩子・及川楓日組が準優勝、多田妃佳留・藤井さおり組がベスト8に輝きました。11月に行われた団体戦では、あと一歩の所で優勝 を逃し、とても悔しい思いをしたので、決勝戦を英和の選手同士で行えたことは、とても喜ばしいことです。今後は、高校生での活躍が期待されます。また、下 級生がこの成績を維持できるよう、一生懸命練習に励んでいきます。

 

 


陸前高田だよりvol.1

本校の卒業生、佐藤文子氏(岩手県陸前高田市緊急支援カウンセラー/臨床心理学博士/アートセラピスト/横浜英和小・中・高卒1979年)が東日本大震災 の被災地である陸前高田市で、自らも仮設住宅に住み、市内の全小中学校や病院で緊急支援カウンセラーとして、被災者の心のケアを行っていらっしゃいます。
被災地の日々のようすを時々お知らせくださることになったので、「陸前高田だより」として英和ウィークリーに掲載していきます。被災地の皆さんのようすがテレビや新聞報道とは違う視点で知ることができることと思います。

 

<3月4日>
今日の陸前高田。恐竜が残ってた建物を砕いていく。残ってた建物を見てるのも悲しかったけど、壊されていく建物を見るのもまた辛い。陸前高田の人は 「余りにも思い出がありすぎるものが 最後には何も無くなってしまう…」と話してくれました。

 

<3月6日>
平安

陸前高田に来て 私はいつも 絵の中で暮らしているような気持ちになる。悠久の時間の中で暮らしているような…雪 川の水 風の音 川の音 海の色 海の 音 草を踏む時の音 草の匂い 空のいろ 山の姿 白鳥の飛んでいるさま その美しさに隣り合わせて 津波の後の無常の世界… 死の世界... 夜の闇は すべてをかくすベール  私は夜大きな空に手を差し伸べて 星と月を抱え込む…神様 どうか皆に平安を…

仕事の効き目
今朝 患者さんが「先生! 先生と話したあとすぐ元気が出てね。口中に出来た口内炎全部直った!」と抱きついてくれました。そんなにすぐ直るのかな? って思ったけれど、そういう風に思ってくれたならありがたいな…って…私が感謝でした。

 

また、「東日本大震災被災者支援プロジェクト」で集まった募金や寄付品の一部を陸前高田市米崎中学校カウンセラー室宛にお送りしました。
そのお礼として、仮設住宅に住む被災者の方からとてもきれいな絵手紙をいただきましたので写真でご紹介します。

<絵手紙の文章>
生ぎだあ 生ぎでいる
父ちゃん ながされたぁ
娘も息子も どごさぁ
どごさいったがぁ
家もぼっこされたぁ
隣のばあちゃん 生ぎでる
じいちゃん 生ぎでる
生ぎるべがぁ 前向きに

いつも支援ありがとうございます。
このたびは、洋服・お菓子・クッキー・衣類、いろいろと送っていただいて、
集会所に集まってクッキーなどいただきながらワイワイとおはなしなどして、なごやかな暮しをしております。
寒い冬も心も身体も暖まり、のりこえられたのも、みなさんの応援があればこそのりこえられたのです。感謝申し上げます。
これからも末長い応援をよろしくお願い申し上げます。
2013年2月20日 神原津恵子


ステンドグラス

現在建設中の、本館の会議室には2008年に礼拝堂の地下と幼稚園倉庫から発見された2枚のステンドグラスが設置される予定です。その修復が終了し、本校本館に設置する前に、1月には新都市プラザにて一般公開されました。
今回再び、横浜市経済局の支援を受け、以下のように展示会が開催されます。


企画名 『光のメッセージ・ステンドグラス展
~過去から未来を「光」でつなぐ』
開催日時 2013年3月7日(木)~12日(火) 10時~17時
※8日は平山氏の講演があるので、19:30までです。
場所 NTT東日本神奈川支店 光HOUSE YOKOHAMAギャラリー
(横浜市中区山下町198 NTT横浜ビル1F)
JR関内駅 徒歩10分/JR石川町駅 徒歩8分/
みなとみらい線日本大通り駅 徒歩6分
内容 *平山健雄氏が修復した横浜英和学院所有のステンドグラスなどの展示7点
*平山氏による講演
「横浜英和学院所有のステンドグラス修復と横浜に残るステンドグラス」3月8日(金)18:30~19:30(先着40名)
*平山氏による技能披露、体験教室(絵付けの実演・ガラスコラージュ体験)3月9日(土)13:30~17:00(先着40名)
*秋山眼科医院医院長による講演「光と色と眼」
 3月9日(土)11:30~12:30(先着40名)
事前申し込み不要。会場へ直接ご来場ください。入場料は無料です。
問い合わせ:NTT東日本神奈川支店企画部 tel045-211-6567
PAGETOP