青山学院横浜英和中学高等学校

〒232-8580 神奈川県横浜市南区蒔田町124 TEL:045-731-2861 045-731-2862

英和ウィークリー

英和ウィークリー

2014.10.15号


音楽礼拝を行いました。

10月8日(水)、シニアチャペル、ジュニアチャペル共に音楽礼拝を行いました。
毎日の礼拝でいつも耳にしている前奏や後奏のオルガン音楽ですが、オルガン音楽が生まれた時代や作曲された背景などについてはほとんど知識がありません。音楽礼拝では世界の教会やオルガン、絵画の写真を見ながら本校のオルガニストによる解説を聞くことができました。ふだん何気なく聞いているオルガンの音色も、背景を知ることでさらに深みを増していくと思います。

 


6年生を対象に進路ガイダンスを行いました。

10月10日(金)LHRの時間に、河合塾の黒田氏による進路についての説明会がありました。
2015年度の入試状況、センター入試について、お話を聞きました。「例えば、郊外のキャンパスから東京の中心部に移転する大学もあります。通学できるチャンスになります。こういう情報もキャッチしましょう。」といった、細かい説明もありました。生徒は熱心に耳を傾けていました。これからの受験校最終決定に向けて、大変参考になったと思います。(文:6年進路指導担当教師)

 


4年生を対象に進路ガイダンスを行いました。

 10月3日(金)、4年生は河合塾から講師をお招きして、進路ガイダンスを開催しました。先日行われた模擬試験の結果の見方や、大学のオープンキャンパスへの参加についてなど、大変参考になる多くのアドバイスをいただくことができました。自分自身の進路について、真剣に向き合う時期にあって、興味深く聞くことができました。(文:4年学年主任)

 


2年の総合学習・LHRでは、2週にわたりさまざまなプログラムを行いました。

2年の総合学習・LHRでは、10月3日(金)と10日(金)の2週にわたりさまざまなプログラムを行いました。

*給食室からの話
 「食料自給率と食品ごみについて」というタイトルで、管理栄養士の内田先生からお話をうかがいました。
 日本の食料自給率を上げるために、どうしたらいいのかを考え、話し合いました。
 また、世界では飢えで亡くなる人が多い国があり、一方、食料が余っている国もあります。給食でも、一日当たり、33㎏(80人分)の残菜がでるということで、生徒たちが「食」を考えるよい機会となりました。

*図書館からの話
 葛飾北斎の「富嶽三十六景」の富士山の絵(2年生の国語の教科書に掲載)をきっかけに、「富士山伝説 羽衣」の物語から、能の「羽衣」の実演を行っていただきました。そのために扇の基本的な扱い方を教わり、全員で「羽衣」の動作を行ってみたり、寝ているところを表現する所作を教わったりし、とても楽しい文化体験となりました。大変盛り上がった2年生です。

*コミュニケーションワークショップ
 5月に行われたステップ1(「気持ちの良い挨拶」と「聴く力」を身に着けて実践する)を受けて、今回はステップ2(「聴く力」「質問の力」「話す力」を身につけて実践する)というテーマでの研修でした。
 導入の前回の復習で、この5か月間に実践より忘却が進んでいたことが判明し、今回は、ミッキーこと講師の戸村充男先生は、ユーモアあふれるトークの中にも時折集中力を高めるための厳しいお言葉を混ぜながらリードしてくださいました。新しく学んだ「質問の力」「話す力」編をさっそく実践してみたいとの思いを胸に、気持ちのよい挨拶をして生徒たちはあっという間に90分が過ぎた会場を後にしました。(文:学年主任)

 

PAGETOP