• 横浜英和女学院中学高等学校
  • 横浜英和小学校
  • 横浜英和幼稚園

沿革

沿革

1880年(明治13年)、本校はキリスト教学校として山手の居留地に、創立者の名を冠して「ブリテン女学校」として創立されました。最初はたった4名の生徒から始められました。
女性への教育と自立を目指して開校され、1886年(明治19)には校名を「横浜英和女学校」と改めました。
やがて生徒数が多くなり、山手の西洋建築校舎では手狭になって生徒を受け入れられなくなったので、1916(大正)年丘一つ向こうの「蒔田の丘」に移転しました。この地で女子校として大きく発展していきました。
戦争の足音と共に、敵国の名前が校名である「英和」というのはよくないということで1939(昭和14)年「成美学園」と校名を変えました。
戦後「元の校名を」という卒業生の強い要望もあって、1996(平成8)年、法人名は横浜英和学院、中高は横浜英和女学院中学高等学校、小学校は横浜英和小学校、幼稚園は横浜英和幼稚園と改名しました。
時を同じくして、グローバルな視野を持つ教育に力を注ぎ、オーストラリアに2校、韓国に1校、アメリカに大学1校と次々と姉妹校の締結を行ってきました。現在、海外研修や短期留学、留学生の受け入れを通して、相互に交流を深めています。
2016(平成28)年4月に中高は青山学院大学と系属校提携をし、校名が青山学院横浜英和中学高等学校となりました。また2018(平成30)年から男女共学に移行しました。

1880(明治13)年 宣教師H.G.ブリテンが山手48番にブリテン女学校を創立




1886(明治19)年 横浜英和女学校に改称
1900(明治33)年 横浜英和女学校附属年少学校(小学校)を設置
1908(明治41)年 小学校・幼稚園を本牧上台に移転
1916(大正 5)年 横浜英和女学校を蒔田(現在地)に移転
1923(大正12)年 小学校を蒔田に移転
1923(大正12)年 幼稚園を蒔田に移転
1939(昭和14)年 法人名を成美学園と改称
1947(昭和22)年 新学制による成美学園女子中学校を設立
1948(昭和23)年 新学制による成美学園女子高等学校を設立
1966(昭和41)年 蒔田町会下に幼稚園舎を新築移転
1980(昭和55)年 創立100周年記念式典
1986(昭和61)年 約1000人収容のブリテンホール完成
1996(平成 8)年 横浜英和学院と改称
フィントナガールズスクールと姉妹校提携
1998(平成10)年 ファーンスクールと姉妹校提携
2000(平成12)年 学院創立120周年記念式典
2003(平成15)年 小学校新校舎完成
2004(平成16)年 小学校新体育館完成
保聖女子高と姉妹提携
2010(平成22)年 創立130周年記念式典
2012(平成24)年 中学高等学校新校舎落成
2013(平成25)年 本館落成
本館および中高第2校舎落成献堂式
カリフォルニアバプティスト大学(CBU)と姉妹校提携
2014(平成26)年 青山学院大学と横浜英和女学院中学高等学校の系属校化締結
2016(平成28)年 中高校名変更 青山学院横浜英和中学高等学校
2018(平成30)年 中高男女共学化