園長だより

園長だより一覧

2019.06.05

【5~6月 園長だより】

関わり合う

 

夏を思わせるような日々が続いています。先週、年長組は、お泊り保育に行ってきました。幼稚園に集合し、2台のバスで三浦へ。宿泊施設に荷物を置いた後、手作りリュックサックと水筒を持って早速、海岸砂浜へ行きました。砂浜では、赤や紫などいろいろな色や形の貝殻を見つけたり、幼稚園から持っていったシャベルとバケツを使って砂を堀ったり山を作ったり。今回、初めて海に来たという子もいて寄せては返す波に大はしゃぎでした。初めは足先が濡れるのも嫌そうな顔をしていた子も、だんだん笑顔になり足首や膝まで濡らしながら歓声をあげていました。場所を変えての岩場では普段、見ることができないような生き物を見つけ、またまた大はしゃぎ。岩場の潮溜まりの水は透き通っていて深い所にいる生き物まで見ることができます。いろいろな色のカニやヤドカリ、フナムシ…。砂浜は歩くたびに足が埋まるため一歩一歩進むのが大変です。エネルギーを使い果たすほど思いきり遊んだ子ども達でしたが頑張って砂浜と森を通り宿泊施設まで帰りました。その他、星空観察をしたり、キャンドルファイヤーに参加したり、スモアーズ体験をしたり、友だちと力を合わせながら就寝準備をしたりと普段なかなかできない経験をすることができました。この貴重な経験がさらにいろいろな活動につながっていくことを楽しみにしたいと思います。

 

最近、年中組の子が年少組の子に声をかけたり、手をつないで保育室まで一緒に行ったり、また「さっきは、ごめんね。」「大丈夫?」「持っていてあげようか?」など友だち同士で、関わり合う様子が見られるようになりました。大好きな友だちと遊んだり、けんかをしたりしながら大切なものを学んで欲しいと思います。

 

  

     園長 上田昌美