和田百合子(わだゆりこ) / 2005年卒業

卒業後の進路:
2006年4月/東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻入学
2010年3月/東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2010年4月/東京芸術大学大学院絵画科油画第7研究室入学(現代美術家O Junに師事)
2010年9月/Bambinart Gallery(アーツ千代田3331内)に所属
2012年3月/東京芸術大学大学院絵画科油画第7研究室修了
2012年5月/ドイツ、ベルリンへ留学
2013年4月/帰国
現在の仕事:
駆け出しの若手現代美術家として、日々自宅アトリエにて作品の制作をしています。また秋葉原にある「アーツ千代田3331」というアートと社会を繋ぐことがテーマである複合施設の地下1F「Bambinart Gallery」に所属し、発表させていただいています。
また、時々ペンネームunhakとして冊子、本、テレビを媒体としたイラストの仕事も戴いています。
大学4年間では、ひたすら技術向上と自作のオリジナリティの追求に力を注ぎ、大学院では現代美術家である同大学准教授のO Junに師事を仰ぎ、様々な展示活動を通してアーティストとしてのスキル、モチベーションを高めることに努めました。
卒業後の去年は約一年、教授の留学先でもあったドイツに渡り語学を学び、ドイツ各地にいるアーティスト仲間を訪ね様々な美術大学を見学し若手作家と積極的に交流してきました。
ゴールの見えない仕事ですが夢を持ち続けて、自分の軸をしっかりすればやりたいことができ、社会を活気づけることができます。 
また自分が活躍することによって同じような夢をもつ若者にまた夢を与えることができます。夢は世界中で愛される作家になり国内外で活躍出来るアーティストになることです。帰国後のこれからも精進して新しいことに挑戦し続けたいと思います。
展示歴,賞歴 一部 (2013年現在まで):
・個展
2011
"ちょっと、ほっと、ひょっと"/Bambinart Gallery/Tokyo
http://optional-arts.weblogs.jp/activity/2012/04/1301.html
2010
"和田百合子展"/Bambinart Gallery/Tokyo
http://www.bambinart.jp/exhibitions/20100911_exhibition.html

・グループ展
2011
"太郎かアリス"/Turner Gallery/Tokyo
http://www.turner.co.jp/gallery/event/taroukaalice.html

・その他、展示暦などの情報
Bambinart Gallery:
http://www.bambinart.jp/artists/yuriko_wada/index.html
Yuriko Wada:
http://yuriko-wada.tumblr.com/ (Profile参照)

・賞歴
2010
Turner Award 2010 /大賞
O氏記念奨励賞
東京メトロ奨励賞
2008
東京ワンダーシード2008 /入選
中高時代の経験が現在に役立っていること:
私は中高時代6年間、横浜英和に通ったことでとても良い経験だったと思うことはやはり特別なあの空間に毎日身を置いていたことです。 
毎日のように朝一番目に行う礼拝の時間は、当時はよくわからずにいたものの今となってはあの頃何度も繰り返し唱えた聖句や讃美歌の歌詞が私の基盤を築いています。例えば「門をたたきなさい、そうすれば開かれる」、「狭き道を選びさい」、「石の上に家を建てなさい」という聖句など、いままで思い出し、心で反芻して唱えて、人生の役に何度たったことでしょう。もともと私の家は特定の宗教に関心がなかったのでキリスト教の知識は勿論全くなく流されるままに英和で学びました。 あの頃日常的にしていて有り難みを感じていなかったかもしれないですが、卒業してからの今までを振り返ってみると、これらの経験や聖句などは宗教を越え人生に役立つ教訓ばかりでした。
今していることは実に狭き道でときに心が折れそうになります。そんなとき英和で学んできたことを思い出したり、英和で出会った友人達と会ったりして気持ちを立て直しリフレッシュします。 
因みに当時からの英和時代の同期とは今でも月2回くらいは大勢で会ったり旅行へいったりします。中高時代の友人同士の心の繋がりは特別で、卒業後もかけがえの無い友人になります。校訓「心を清め人に仕えよ」この言葉を胸に私たちはお互いを支えにしていままで繋がりを深めてきたのかもしれません。何年経っても英和の思い出と共に友人を大切にしていきたいと思います。