木下綾子(きのしたあやこ) / 1999年卒業

卒業後の進路:

2003年 神奈川大学 工学部 電気電子情報工学科 卒業
2005年 神奈川大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻 修了
2005年4月~2008年9月 日立マクセル株式会社 デジタルペンの組み込みソフトウェア開発
2008年10月~2014年2月 セイコーインスツル株式会社 オーダーエントリーシステムの組み込みソフトウェア開発
2014年3月~ 中小企業診断士として独立開業(個人事業主)

2015年3月~ 株式会社ステラコンサルティング 設立

現在の仕事:
会社員として製品開発の仕事をしていた2008年、突如リーマンショックが起こりました。その影響で会社の業績は一気に悪化。「大会社に勤めていれば安泰」という幻想は崩れ去ったのでした。そこで、万が一会社をクビになっても、会社が無くなっても生きていけるようにと考えて勉強を始めたのが「中小企業診断士」という経営コンサルタントの国家資格です。
3年がかりで中小企業診断士に合格後、勤めていた会社を退職して独立開業。2015年3月には、事業の拡大を目指して株式会社を設立しました。
現在は、中小企業の経営課題を解決するためのコーディネート業務やコンサル業務、専門誌等での執筆、セミナーの企画・運営等、様々な仕事を行っています。日本の企業のうち中小企業は99.7%を占めます。日本経済が低迷から脱するためには、中小企業が元気になることが重要なのです。
会社員として働いていた頃は、日々与えられた業務をこなすことに退屈さを感じることもありましたが、独立してからはどんな仕事をするのも自分次第。すべてが自由になった反面、責任も伴いますが、お客様からの感謝の言葉に今までにないやりがいを感じています。
横浜英和で学んだこと:

小学校から高校までの12年間、蒔田の丘で過ごしました。当時はごく当たり前に思っていたことも、給食、礼拝、シオン祭、修養会など今思い返してみるととても平和で楽しい思い出ばかりです。
私は、小学校低学年まではとてもおとなしい子供でしたが、横浜英和で生活するなかで逞しさを身につけていきました。女子高育ちだと話すと「何の苦労も知らないお嬢様」と思われることがありますが、私はそうは思いません。友人を見てみても、女性ならではの逞しさ、しなやかさ、そして目標に突き進む意志の強さを持った人ばかりです。おそらく、キリスト教教育によって培われたものなのでしょう。
大学時代の友人と小学校から高校時代の話をしていると、あまりに学校生活の内容が違っていて衝撃を受けます。一般の学校では、受験に直結しない道徳の授業は軽視されがちですが、横浜英和では毎日の給食や礼拝、聖書の授業を通して自然と道徳心を養うことができました。心を清め、人に仕えよ――これは横浜英和の生活では幾度となく耳にする言葉で、いつしかこの言葉は私のなかに染みついています。相手の立場に立って考えることや、日々学び続ける謙虚さを忘れずに仕事をしていきたいと思います。