チャペルだより

2020.01.08

新しい年の始まり

「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」      ヨハネによる福音書13章34節

 

 2020年がスタートしました。今年はオリンピックイヤーであり、学院も創立140周年を迎える年となります。年明けすぐから国際政治の世界では不安な状況が伝えられていますが、新しい年が平和の君であるイエス・キリストによって、和解と平和が進む年になりますように心から祈ります。
 昨年の終わりは、各校クリスマス礼拝を守り冬休みに入りました。年が明けるとクリスマスは関係ないと思われがちですが、キリスト教の暦では1月6日は公現日というイエス誕生のお祝いに3人の博士がやって来た日で、この日までがクリスマスです。またクリスマスの期間である降誕節もまだしばらく続きます。新年は、クリスマスの恵みの中で迎えるものなのです。

 

 新しい年もさまざまなことが起こるでしょうが、イエスさまが与えてくださる希望を忘れることなく、人とのつながりを大切にして歩んでいきたいと思います。学院宗教主任 鬼形惠子
※写真は2019年12月21日に老人ホーム ハマノ愛泉園で行われたYWCAのクリスマス会です。