【年少】2018年度10月の様子

2018.10.30

 

ショベルカー

 乗り物が大好きな子どもたち。工事現場で働く大きな重機も憧れの車です。そんな子どもたちの思いが通じ‥ 幼稚園の隣接地で現在グラウンド整備のために工事をしている重機に、乗せてもらえることになりました。なかなかできない経験に子どもたちは大喜び! 運転席に座り、操作するものも自由に触らせて頂きました。 ショベル部分?にも入って嬉しそうな子どもたちでした。

 

     
     

 

 

 大きなアイス作り

  プレーデーのダンスでは、アイスを持ってダンスをすることにしましたが、親子競技では、大きなアイスを持って親子で走ることにしました。そこでそのアイスづくりを行う事に‥  出来上がりはプレーデーでのお楽しみです!
     

 

 プレーデー

 気持ちのいい秋晴れの下、年少の子どもたちにとっては初めてのプレーデーを、学院のグラウンドで行いました。ダンス、親子競技、かけっこ‥  緊張している子どもやいつもとは違う雰囲気に圧倒されている子どももいましたが、お家の方々始め、たくさんのお客さんを前に、張り切ってダンスをする姿や、たくさんの笑顔も見られました。
     
     

 

 10月壁面製作

  プレーデーでアイスを持ってダンスをする自分をイメージしながら、墨で自分の絵を描き、アイスを持たせてみました。個性豊かな一人ひとりが、保育室の壁をにぎわせています。
     

 

シオン祭作品作り  ~①羊毛・紅葉の木~ 

 秋の木々をイメージして、羊毛で紅葉の木を作りました。暖色系、茶系の様々な色の羊毛を並べた中から、それぞれ好きな色の羊毛を少しずつ選び、その袋の中にぬるま湯と石鹸を入れてもみもみ‥ 泡まみれの羊毛をすすぎ、絞った後は、巻きすの上に広げて乾かしました。木の幹は、それぞれの腕から指先までを型取り、切ったものを貼りました。最後に、思い思いに木の実を飾って完成です。
     
     

 

~②魚づくり~

  1回目の地引網は延期になってしまいましたが、海の中にはどんなお魚がいるのだろう?と想像しながら、シルクの布に筆を使って墨で描きました。布に、筆で描くことはとても難しいのですが、一人ひとりとても真剣‥。裏に布を貼り、最後に綿を詰めて、オリジナルの魚が出来上がりました。
   

 

親子遠足~地引き網~

 年中さん親子、年少親子で地引網の遠足に行きました。秋晴れのとてもいいお天気の一日、みんなで力を合わせて、網を引き揚げていきました。どんなお魚が獲れるかな?みんなの期待も膨らみます。 さめや大きなさわら、しらすなどが獲れ、お土産にシラスを持って帰りました。幼稚園にはさわらを持って帰り、翌日、みんなで焼いて食べました。地引網のあとの海での遊びもとっても楽しかった子どもたちです。

 

いも掘り

 春にみんなで植えたさつまいもの苗。暑い夏の間もすくすくと成長し、立派に葉も蔓も伸びていきました。土の中にはどんなお芋が眠っているかな?期待に胸を膨らませながら、外遊びの後、みんなでお芋ほりを楽しみました。