園生活の様子

年少

年中

年長

園生活の様子

2020.02.29

【年少】2019年度2月の様子

  

凧作り

  絵を描くのに使う上質紙での凧作りをし、それを飛ばす姿がとても嬉しそうだったので、今度は別の凧を作ることにしました。今回はビニール袋を使っての凧作り。それぞれに思いを込めて作った凧は、前回同様、第2グラウンドの空を気持ちよさそうに泳いでいました。
     
     

 

パイ作り~ミートパイ~

 1月のアップルパイが子どもたちに好評だったので、今度は、パイには他にどんな種類があるのだろうか?とみんなで考えました。みかんパイ、イチゴパイ、チョコパイ、ブルーベリーパイ…子どもたちからも意見が出てきましたが、もっと他にも美味しいパイがあるかもしれないと、家に帰って家族にも聞いてきてもらうことにしました。早速、聞いてきてくれた子どもたちはみんなの前で発表をしてくれました。ソーセージパイ、ミートパイ、レモンパイ、チェリーパイ、カスタードクリームパイ…おいしそうなパイの名前が次々に…! その中から、今回はミートパイに挑戦です!!

     
     

 

梅 

  梅の花のきれいな季節となったので、紅白それぞれの梅を作りました。和紙に書いておいた梅の花の形をはさみで切り、紅梅はその後絵の具で染めました。最後に白、黄色の花材でめしべと、おしべを付けて完成。幼稚園入り口の壁面に、大ぶりの!?梅が咲き誇りました!
     
     

 

市電保存館 

  汽車のおもちゃが大好きな子どもも多い年少組。幼稚園から園バスで5分ほどの市電保存館へ行ってきました。古い市電がずらっと並ぶエリアでは、片っ端から、車両に乗り降りし、運転席に座って運転手さん気分を味わったり、お客さんになって楽しんだり…。いろいろな電車のジオラマや、市電のシュミレーターでの運転など、午前中いっぱい、それぞれの関心で思い思いに楽しんだ子どもたちです。
     
 
     

 

一年生招待会 

  横浜英和小学校の1年生を幼稚園にお招きし、楽しい交わりのひと時を持ちました。小学生のお兄さんお姉さんが幼稚園に遊びに来てくれる!と、前日からとても楽しみにしていた子どもたち。当日はゲームをみんなで楽しみ、小学生の歌と合奏を聴かせていただきました。幼稚園の子どもたちからも、大好きな♪小さな世界 の歌でお礼をしました。

     



パイ作り 

  今までに3回パイを作ってきましたが、前回のミートパイも子どもたちには大好評!! お家で聞いてきてくれたパイにはまだまだいろいろな種類がありました。今までは保育者が何のパイを作るかを決めてきましたが、今回は4種類のパイの中から自分たちで投票をし,上位2種類のパイを作ることにしました。ブルーベリーパイ、チョコパイ、ウィンナーパイ、イチゴジャムパイの中から、子どもたちによってえらばれたのは、チョコパイとイチゴジャムパイでした。チョコパイは一人一つずつ自分のを作り、イチゴジャムパイはグループごとに作りました。すっかり手馴れてきた子どもたちです。

     
     

 

年長さん主催~オズのせかい~

 年長さんが、招待状とチケットをもってクラスに来てくれました。年長さんがプレーデーのダンスより親しんできた、オズの世界にみんなを招待してくれるとのこと! 大喜びの子どもたちは、翌日、朝からドキドキ・ワクワク… 会場のホールでは、入り口でチケットを切ってもらい、案内係の年長さんに展示してあるオズの世界をみせてもらい、最後にテーブル席へ。席に着くと、年長さんはメニューを見せながら、一人一人に優しく注文を聞いてくれます。飲み物のジュースは飲み放題!そしてお庭で焼いてくれるスモアーズを頂き大満足。さらにオーバー・ザ・レインボーのダンスも見せてくれて、最後に手作りのお土産まで頂き、大喜びのうちにクラスへ戻った子どもたちです。
     
     

 

竹を使った水遊び

 用務員の山口さんが、竹を手に入れてくださり、きれいに中の節も取ってくださいました。子どもたちはガチャポンプの水を竹に流し、そこから川づくりを楽しんだり、竹の上に船のおもちゃや葉っぱ、砂を置いて水の勢いでそれらを流し、夢中になって楽しんでいます。
     
     

 

野菜の収穫 ①小松菜

 秋に種を蒔いた小松菜。次々に芽を出した後、間引きをしなければならなったのですが、ついつい可哀想でそのままにしていたら、縦に縦にと伸び、野菜売り場で見かける小松菜とは少し違った趣に… でもみんなで収穫し、お味噌汁にすると、中には普段は野菜が苦手な子も美味しい!と喜んで食べていました。
     

 

 野菜の収穫 ②かぶ

  同じく秋に子どもたちと一緒に蒔いたかぶの種。寒い冬の日々、少しずつ成長し、かわいいかぶが土の中から少し顔をのぞかせるようになると、がぜん興味がわき、熱心にじょうろで水をあげてくれる子もいました。今回は二人一組で収穫。土の中から、ポコッポコッとかわいいかぶが次々に現れました。収穫したかぶはお味噌汁にして、お弁当と一緒に頂きました。