学校紹介

校長メッセージ

校長 上戸秀夫

子どもたちは,学年・クラスの区別なく,みな兄弟のように,仲良く楽しく毎日の生活を送っています。

国内だけでなく,海外の友のためにも心と体を使うことを,さまざまな活動から学んでいます。

神さまから愛されている,かけがえのない存在の子どもたち一人ひとりが,自分らしさを大切にし,自分らしさを生かして生き生きと学校生活を送り,身も心も豊かに育まれることを願って,日々の教育活動に取り組んでいます。

沿革

横浜英和小学校の歩み

ハリエット・G・ブリテン先生

明治時代,アメリカのメソジスト・プロテスタント教会の祈りと献金に支えられ,一人の宣教師,ハリエット・G・ブリテン先生が日本に派遣されました。日本の子どもたちの教育のために,ブリテン先生によって,山手48番にブリテン女学校が創立されました。創立から4年後には,文豪有島武郎が入学し,代表作「一房の葡萄」は,当時の思い出を綴ったものです。

オリブ・I・ハジス先生

ブリテン先生の後も,多くの宣教師によって学校が支えられ,発展してきました。中でも,ハジス先生の働きは,学院の歴史の中でも大切なものです。オリブ・I・ハジス先生は25歳で来日し,明治37年から昭和13年までの35年間校長を務め,現在の学院の基礎を築きました。

1880(明治13)年 H.G.ブリテンが山手48番にブリテン女学校を創立。
1886(明治19)年 横浜英和女学校に改称
1900(明治33)年 県知事の許可を受け横浜英和女学校附属年少学校(小学校)となる
1908(明治41)年 小学校・幼稚園を本牧上台に移転
1923(大正12)年 小学校を蒔田の丘に移転
1929(昭和14)年 法人名を成美学園に改称,成美学園小学校となる
1996(平成8)年 法人名を横浜英和学院に改称,横浜英和小学校となる
2000(平成12)年 学院創立120周年記念式典
2003(平成15)年 新校舎完成
2004(平成16)年 新体育館完成
2010(平成22)年 創立130周年記念式典。