学校紹介

校長メッセージ

校長 磯貝曉成

「心を清め 人に仕えよ」

「心を清め」とは,自分の関心事だけに固執せず,相手の考えに謙虚に耳を傾けられる素直な心となることであり,「人に仕えよ」とは,自分のことから一歩進んで困っている人や弱い立場の人,少数者,ハンディを負う人たちに寄り添い,支えられるようになることです。

隣りの人と共に生きる中にこそ,自分自身が生かされている何ものにも代えがたい喜びを体験します。この自分の周りの人たちのことを思いやれる心を横浜英和の生活の中で培っていきたいものです。

社会と人のために自らを鍛え,確かな学力と豊かな情操を身に着け,知性豊かな人になるよう児童・生徒そして教職員も含めて互いに努めていきましょう。

未知への探求心,感動する気持ちがその原動力になります。

このスクールモットーを自分のものとするために,横浜英和の児童・生徒・教職員は将来を見据えて一人ひとり努めてまいります。

そして,どうしていいかわからなくなったときには,この聖書の言葉を思い出してください。

「爲(せ)ん方つくれども希望(のぞみ)を失はず (文語聖書コリント人への後の書4:8)」

沿革

横浜英和小学校の歩み

ハリエット・G・ブリテン先生

明治時代,アメリカのメソジスト・プロテスタント教会の祈りと献金に支えられ,一人の宣教師,ハリエット・G・ブリテン先生が日本に派遣されました。日本の子どもたちの教育のために,ブリテン先生によって,山手48番にブリテン女学校が創立されました。創立から4年後には,文豪有島武郎が入学し,代表作「一房の葡萄」は,当時の思い出を綴ったものです。

オリブ・I・ハジス先生

ブリテン先生の後も,多くの宣教師によって学校が支えられ,発展してきました。中でも,ハジス先生の働きは,学院の歴史の中でも大切なものです。オリブ・I・ハジス先生は25歳で来日し,明治37年から昭和13年までの35年間校長を務め,現在の学院の基礎を築きました。

1880(明治13)年 H.G.ブリテンが山手48番にブリテン女学校を創立。
1886(明治19)年 横浜英和女学校に改称
1900(明治33)年 県知事の許可を受け横浜英和女学校附属年少学校(小学校)となる
1908(明治41)年 小学校・幼稚園を本牧上台に移転
1923(大正12)年 小学校を蒔田の丘に移転
1929(昭和14)年 法人名を成美学園に改称,成美学園小学校となる
1996(平成8)年 法人名を横浜英和学院に改称,横浜英和小学校となる
2000(平成12)年 学院創立120周年記念式典
2003(平成15)年 新校舎完成
2004(平成16)年 新体育館完成
2010(平成22)年 創立130周年記念式典。