創立記念日・シオン祭

2017.11.01

「更に、イエスは言われた。『神の国を何をたとえようか。どのようなたとえで示そうか。それは、からし種のようなものである。土に蒔くときには、地上のどんな種よりも小さいが、蒔くと、成長してどんな野菜よりも大きくなり、葉の蔭に空の鳥が巣を作れるほど大きな枝を張る。』」

― マルコによる福音書4章30節~32節 ―

     
 10月28日は横浜英和学院の創立記念日でした。
 1880年、アメリカのメソジスト・プロテスタント教会から派遣されたブリテン先生が、4人の生徒と共にブリテン女学校を始めました。それが横浜英和学院の始まりです。137年前のことです。
 創立記念日を覚えて、各校では特別礼拝を守り、学院の創立記念早天祈祷会も行われました。早天祈祷会は、10月23日は台風のため中止になりましたが、24日は400名以上の小学生、中高生、先生方が礼拝堂に集い祈りを共にしました。
 11月2日、3日はシオン祭が行われます。2日は中高、3日は学院全体の文化祭です。たくさんの方がお越しくださることをお待ちしております。