あじさい

2020.06.29

「務めにはいろいろありますが、それをお与えになるのは同じ主です。働きにはいろいろありますが、すべての場合にすべてのことをなさるのは同じ神です。一人一人に『霊』の働きが現れるのは、全体の益となるためです。」

              コリントの信徒への手紙12章5~7節

 

 6月初めから高3生の登校が始まり、15日からは中高全学年の分散登校が始まりました。全員登校はこれからですし、授業もまだ通常ではありませんが、学校には少しずつ生徒の元気な声が戻ってきました。
 礼拝は、4月はリモートによるホームルームで担任の先生が行い、5月からはリモートによるホームルームの後、録画した礼拝動画を配信する方法でずっと継続してきました。今は、学校で、リアルタイムで放送礼拝として守っています。青学英和の教育をどんな時でも生徒に届ける、そして礼拝も届け続ける、その思いで方法を模索しながら続けてきました。

神さまがそれを可能にしてくださり、導いてくださったことに感謝しています。
季節は梅雨の時期となり、学校の紫陽花の花も美しく咲いています。できることをできるだけ誠実に取り組んでいきたいと思うのです。