ーキャリアは自分でつくるものーレバノンより届いた動画メッセージ

2021.03.01

2月25日に6年生卒業講演がブリテンホールで行われました。今年度はユニセフ職員としてレバノンで活動中の卒業生、四居美穂子さんに講演を動画にしていただき、皆で視聴しました。

卒業生ならではの視点で、これから巣立つ英和生に今伝えたいことを、実体験をもとに語ってくださいました。四居さんにとって、高校卒業後の道は決して順風満帆というわけではありませんでしたが、四居さんが大学時代、ロンドン大学LSE校時代、社会人、現在のユニセフでの活動の中から感じたことや経験したことを、お話してくださいました。これからキャリアを自分自身で切り開く6年生は卒業講演を通して大切なことを学ぶことができました。

「もう一度動画を視聴したい」「海外へ踏み出す勇気をもらった」という声もあり、四居さんから卒業生へのメッセージは、特別に響くものがありました。