園生活の様子

年少

年中

年長

園生活の様子

2016.11.30

【年長】2016年度11月の様子vol1

シオン祭 親子であそぼう会 

 学院全体の文化祭に合わせ、幼稚園でも親子で一緒に遊ぶ楽しい時間を持ち、園舎内には生活展として、子どもたちが取り組んできた活動の様子を紹介する写真や作品を飾りました。

ホールでダンスをしたり、ポリタンクリレーをしたり、親子一緒に体をいっぱい動かして、楽しい時間を過ごすことが出来ましたね。

     
     
     

 地引網遠足

 片瀬西浜海岸(江の島)へ、地引網遠足に行きました。少し肌寒くなっていましたが、助っ人ボランティアお父さんやお母さんにも手伝ってもらい、元気に網を引きました。お魚は大漁!!イワシにサバ、サメやフグまで獲れて網がいっぱいになり、子どもたちも大興奮!特設のタッチングプールも準備してもらって、魚を触ってその感触を楽しみました。

地引網の後は、シラスのかき揚げを食べながらお弁当。力をつけて、食後も元気いっぱい砂浜でゲームなどをして遊びました。

     
     
     

ワトト(watoto)コンサート

 アフリカウガンダのワトト村の子どもたちで結成されているクワイア―をお迎えして、楽しいコンサートが開かれました。
素晴らしい賛美と、太鼓やリズムに合わせた見事なダンスに、子どもたちも大喜びでした♪

コンサートの後は、一緒に給食を食べて遊び、言葉は通じなかったけれど、とても楽しい交流ができました。

この後も子どもたちは、ワトトクワイア―の曲をCDで流しながらダンスをしたり、「また一緒に遊びたいな~」と楽しかった経験を思い返しています。

     
     

クリスマスプレゼントを贈ろう!~ シューボックスとバザー~

 プレーデーでのダンスやワトトのお友だちとの交流等をきっかけに、外国の事に興味関心を持ち始めた年長さん。

日本に住む自分たちの生活とは異なり、海外にはまだまだ貧困があり、クリスマスを知らずに過ごしているお友だちがいることも知りました。

そこで、昨年に引き続き、今年もシューボックス(靴箱)にクリスマスプレゼントを詰めて、外国のお友だちにプレゼントを贈ることにしました。

”どんなものをもらったら喜んでくれるかな”お友だちと話し合ったり、家族で相談したり…。それぞれが考えて準備した贈り物を持ち寄り、みんなの気持ちとプレゼントを箱いっぱいに詰めて送りました。

わたしたちのシューボックスは、フィリピンのお友だちに届くそうです。その送料にひと箱700円がかかります。そこで、子どもたち自身で出来る事、準備出来るものでバザーをすることにしました。お客さんはお母さんやお父さんです。園庭で育てた花の種や、羊毛飾り、折り紙のオーナメントなど、何日もかけて準備を重ねました。

自分以外の誰かのために力を合わせ、それが相手の喜びになり、自分の喜びにもつながり心に残ってくれることを願っています。

シューボックスは全部で12箱になりました。皆でバスに乗り、コンビニまで出しに行きました。