青山学院横浜英和中学高等学校

〒232-8580 神奈川県横浜市南区蒔田町124 TEL:045-731-2861 045-731-2862

教育方針

ICT教育

キャリア教育のひとつとして「生徒の未来と成長のため」の新しい教育として重点を置き、ICTの積極的な導入を行っています。全ての教室に電子掲示板機能付きプロジェクタを導入し、全教室に無線LANを100%整備し、より高速で安定した光回線を導入しました。
現在は、高校1年生の海外研修の報告や中学生の総合学習の発表でもプレゼンテーションソフトを利用して生徒が発表を行っています。さらに、学校全体として情報モラルについて「ガイドライン」を作成し、情報リテラシー(情報を扱う基本的な能力)を身につける教育に力を注いでいます。
授業においては、高校2年生の必修科目「社会と情報」で主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)を導入し、板書はせずにすべてスライドを用いた授業を実施しています。情報機器の扱い方だけでなく、情報が溢れている現代社会における諸問題も取り上げて、情報を扱う上での注意点や判断基準などについても考える授業を行っています。また、多くの教科でICTを活用した授業を行っています。

ペッパーを使ったプログラミング

ペッパー

現在の生徒たちは、将来ロボットやAIとともに仕事や生活をすることが予想されます。Pepper(ペッパー)を使ったプログラミングでは、そのような時代に対応するための論理的な思考や主体的・対話的な深い学びを楽しみながら習得することができます。

生徒1人に1台のPC

PC

2019年度の後期から、2〜4年生が1人1台のPCを持ちます。ネットワーク整備も整い、講義形式の授業だけでなく、生徒自らが考えつくる授業を展開していくことを目標にしています。高校生はe-portfolioの入力も行い、高校3年間の記録を自ら残していきます。

PAGETOP